戻らない

戻らない目の前の彼は、私に対して様々な説明をしていました。
あくまで冷静に。
そして淡々と。
そんな彼を私はただ黙ってみていました。

私が彼と別れたいと切り出してから1ヶ月。
彼は別れないで住む方法や、これまでの2人の関係の中にある
自分の反省すべき点を説明してくれていたのです。
友達からすると
そこまで真剣に聞くことも無いのでは?
なんていわれたりもしたのですが(苦笑)
私としては、最後までキチンとしてからお別れしたいとも思っていましたし
彼に言いたいことがあるのであれば、全てを出し切ってもらいたいと考えていました。
それが
後腐れなく別れる
という事だろうと思いました。

彼の真剣な言葉を聞いていると、瞬間的でも「彼と関係を戻すことが出来るのではないか」とも思いました。
しかし、そう考えてみても、彼との関係が良い方向に進んで行く気がしなかったのです。

どんなに説明をされても私の気持ちは変らないよ
というほかありませんでした。
そして彼はついに別れることに同意をしてくれたのです。

彼は十分に反省していましたし、許すことも出来たのかもしれませんが
やはり気持ちというものは説明では元に戻ることは出来ないものです。

彼にはキチンと今までのお礼と自分の非への謝罪を伝えお別れすることが出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加